スパイダーGT TM2を買いました

Pocket

こんにちは、やじろべえです。

長らく、心臓バイパス手術からゴルフ復帰に向けてリハビリのお話が中心となっていましたが、やっと、ラウンド復帰まで漕ぎつけました👏👏👏

リハビリ自体も苦しいものでしたが、ゴルフができない環境の中、心をどう紛らわせるかもなかなか苦しいものでして。

まぁ、休みの日に何もすることのない時間は、ほとんど、ネットでゴルフ情報の検索タイムでした。

この3ヶ月で、ラウンド復帰したら使いたいものをほぼほぼ買ってしまいました😅

もちろん嫁さんには内緒で😏

 

手術する前からパターについての悩みをブログでも書いていましたが、この度、思い切ってマレット型のパターを購入いたしました。

しかも、試打無しの発売日直のネット購入。

普段はそんな買い方しないのですが、今回購入したTaylorMadeさんから発売された「スパイダーGT TM2」はまさに、自分が探し求めていたパターではないかと。

今回は、このパターの使用感を中心に書いていきたいと思います。

 

スパイダーGT TM2

基本的にピン型のパターを長らく使っておりまして、開閉をしながらボールを捕らえる打ち方の方がしっくりきていました。

なので、今までマレットパターは眼中になかったです。

が、最近、真っ直ぐ構えても真っ直ぐ打ち出せない問題に直面。

これは、マレットしか解決できないんじゃないかな?と言うことで

心臓バイパス手術から術後3ヶ月検診に合わせたようにタイミング良く発売される

スパイダーGTトラスネック(2022.7.15発売)に運命を勝手に感じてしまいました。

今回、新しく発売されたこのパターはTM1(ヒール寄りシャフト)とTM2(センターシャフト)の2種類の型番で発売されています。

自分は選んだのはセンターシャフトのTM2。

自宅に到着したその週に、術後、初の練習ラウンド(戸田パブリック)に行くことにしたので、早速、お供として持っていきました。

 

どんな感じかと言いますと

3ヶ月ぶりのラウンドは、もうドキドキワクワク。

しかも、スパイダーGTトラスパターという新しい武器を引っ提げてのラウンドです。

治ったと思われる心臓が飛び出してきそうなほど、テンション上がりましたね😃😃💕

で、早速、練習グリーンへ。

まずは、ヘッド形状をご紹介。

 

正面から見たらこんな感じ、トラスセンターシャフトです。

構えた感じは、意外とヘッドが小さいぞ。

スパイダーという印象から大きなマレット型というイメージが勝っていたので、構えた時は違和感がありまくりでした。

しかも、ちょっと軽くない?安定してストロークできるの?と、疑心暗鬼になりそうでした。

グリップは安心のスーパーストローク

ヘッドカバーもなかなか高級感ありますよ

 

 

マレットということで、目標に対して真っ直ぐ構えやすい。

そして、真っ直ぐ引いて打ち出すこともピン型よりも易しく感じました。

あとは、タッチが合うかどうかですが、時間が来たので、ラウンドで試してみることにしました。

 

で、実際、ラウンドしてみましたら

いやぁ、「すげー 楽!」、この一言に尽きますよ。

何が楽かって?

ショートパットです。

全然、引っかかる感じがしません。

なので、1mくらいのパットが自信をもって狙いに行けるんです。

疑心暗鬼なんて言ってすみませんって感じです。

ヘッドが軽い感じは否めませんが、少しずつ慣れていくと思います。

距離感も、自分の感覚には合っていると思います。

今回のグリーンは、遅めだったので、強く打って、届けば入るって感じでした。

9ホールだけでしたが、バーディ2個奪取は上出来です。

 

本日のまとめ

3ヶ月、ゴルフから離れていた割には、スコアになりました。

これはもう、新しいパターにつきますね。

ゴルフはスコアを作るためにショートゲームがかなりの要素を含みます。

テーラーメイドから発売されたスパイダーGT TM2ですが、これはかなりアリ!だと思います。

ショートパットに苦しんでいる人は是非、試打だけでもやってみることをお勧めします。

個人的には、いい買い物をしたと思いました。

 

別に、テーラーメイドの回し者ではないですよ。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です