インパクトからフォローにかけて気をつけていること

Pocket

こんにちは。やじろべえです。

皆さんは、インパクトからフォローにかけての動きをどのように考えていますでしょうか?

右手の使い方、左手の甲の向き、クラブの抜き方、ローテーションの入れ方などなど、人それぞれこれが俺には合ってる!と思いながら取り組んでいらっしゃると思います。

今回はインパクトからフォローにかけて自分が気にしていることを書いていきます。

話がずれますが、自分の子供は、まだまだ小さいので、練習時間はすやすや寝ている早朝にしています。

早起きして練習に行き、家に帰って子供と公園に散歩に行って、ご飯を食べて昼寝をさせます。

その間にゴルフの動画を見たり、ブログを書いたりして過ごすことが土日の過ごし方になってきました。

なので、短い練習時間で効率の良い練習をしていくことが上達への近道だと思っています。

私がゴルフスイングで気をつけていることが、皆さんのヒントになればと思っています。

インパクト付近で気をつけていること

まずはハンドファースト

皆さんはインパクトの時に何を気をつけていますか?

私は、まずは腰を積極的に回しながらハンドファーストを作ろうと努力しています。

正面から動画を撮ってもらいチェックするようにしていますが、これがなかなか。。。

自分のイメージとは程遠い形だし、スピードをつけて回しているつもりでも、かなりスローに見えるし。

まだまだ、足と腰の使い方が課題山積です(ハァ〜(~_~;))

 

右手人差し指付け根での押し込み

ボールの捉え方としては、昔と今ではかなりチェンジしました。

昔はローテーションをしっかり入れ、ヘッドの開閉を強くしてみたり、ヘッドを走らせようとフリップ動作(ボールをビンタする感じ)を入れようとしたり、試行錯誤を繰り返していましたが、なかなか安定せず今の型に収まった次第です。

この時に、一番意識してるのは、写真のように右手の人差し指の付け根でクラブを押し込めているかどうかです。

左手甲を飛球方向に向ける意識をもとうとすることもありましたが、野球やラケットスポーツをやってきたこともあり、利き腕(右利き)で操作した方が楽なので、左腕リードの意識は今はありません。

それでも、まぁまぁ飛距離が出ていると思うので、もう少し上達してから左腕リードにもトライしてみようと思います。

インパクトからフォローにかけて気をつけていること

インパクトでしっかりボールを押し込んだ後の動きとして、左の方向にヘッドを巻き込み過ぎないように気をつけています。

写真のように手を返さずヘッドを飛球線方向にな上げ出す感じかな。

あと、写真では体が立ち気味ですが、インパクト後にボールの行方を確認するときは、前傾をキープするため、前方の風景が斜めに見えるように注意しています。

いろいろと気にすることはありますが、この2点は意識して練習しています。

 

インパクトからフォローについてのまとめ

この辺の動きを意識することが正確性と安定性を求めるのには近道だと思って練習しています。

結局、フルスイングにしてもアプローチにしても、アイアンにしても、ドライバーにしてもやることは一緒かな。

ラウンド中はマネジメントに意識を強く向けるために、スイングはは、いかに「シンプル イズ ベスト」でいられるかが大切だと思います。

もう少し子供が大きくなったら一緒にゴルフ場に行きたいと思いつつ、それまでに、片手シングルになっていなきゃ親の威厳が保てないぞと、自分に勝手なプレッシャーをかけながら練習に励んでいます。

子供が大きくなって一緒にゴルフをする時までには、何も考えずに効率の良いスイングが身についているといいなぁと思いながら、今日もたくさんボールを打ってきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です