アドレスを作るときに気をつけていること

Pocket

こんにちは。やじろべえです。

「止まっているボールが打てない (T . T)」

ゴルフを克服していく第一歩はクラブにボールに当てることではないでしょうか?

上手い人やレッスンを受けると「ボールは当てるものではなくて、当たるものなんです」と言われたことがある人も多いはず。

でも、言われた通りにしてるのに当たらないんです。どうしても、、、どうやっても、、、

そこから脱却するためには、まず素振り。「1に素振り、2に素振り」と、こちらも何度となく言われてきたフレーズ。

でも、世の中のお父さんゴルファーさんたちにとって、「素振り振る場所がないんですよ」「素振りより、練習場で球打ちたいんすよ」と素直に賢者の意見を聞けない人も多いはず。

はい、私も何が正解かわかりません。そこで、今まで取り組んできたスイング改良(改悪?)をひけらかしていきたいと思います。

まずは、アドレス。こちらについて自分の経験から紐解いていきます。

皆さんのヒントになれば幸いです。ケッシテ、セイカイジャアリマセン

アドレスについて

ここで書くアドレスは、パター以外ということで。

自分自身、ラウンド中のスイングをする中で意識できるポイントは1つか2つ。

でも、アドレスは準備の時間ですから、いくらでもcheckすることができますよね。

ただ、ここに時間をかけてしまうと同伴プレーヤーに迷惑をかけますし、何よりカッコ悪い。

一瞬で、自分がクラブを振りやすいアドレスに入るためには、長年の経験が必要になるのですが、私が勧めるポイントをいくつかご紹介します。

目新しいものではありません。どの雑誌にも書かれていることなので f^_^;

左肘の向きと左脇の締まり

最初にアドレスに入ったときに気にするのは左肘の向きです。

左肘の血管側の向きを自分と反対側に内側から絞り、ロックした感じに固定します。こうすると左脇も閉まりますよね。

最近ではPGAの飛距離怪獣デシャンボー選手はその逆でロックしていて、我もと真似してみましたが、左肩痛めちゃいました。

普通に今まで通りにしていくつもりです。

「お尻を遠く」と「少し踵体重」

自分自身、昔から猫背で意識しないと体が丸くなってしまいます。

そこで、少し膝を曲げた位置でなるべくボールから遠い位置へお尻を持ってくようにしています。そうすると、腰が少し反った姿勢ができます。

その時、ボール側に重心がかかりすぎないように少し踵側に体重を感じられるようにして安定させるようにしています。

これも色々な意見があります。「絶対、母趾球が良い」という人もいるので、自分で気持ちよくクラブが抜けていくポジションを見つけられたいいと思います。

アドレスのまとめ

「アドレスの形で80%はショットが決まる」という記事や意見をたくさん見たり聞いたりしてきました。

今でこそ、雑誌やYouTubeなどで、紹介されているアドレスの形はほとんど同じ姿勢を推奨していますよね。

でも、パーシモン全盛期時代からゴルフを続けている方々のスイングは独特なものがあり、アドレスの姿勢も様々。

それでいて、スコアは良い。というゴルフは横で見ていても楽しいものです。なんか情報に右往左往せず我が道を進む的で。

自分に合ったアドレスを探す旅は練習場だけでなく普段の生活の中でもありますよね。

傘を持って形を作ったり、暇なときに人目に触れず軽く姿勢を確認してみたり。

周りから見たら異様に見られるでしょう。でも、この積み重ねがいつかアドレス探しの旅のゴールを示してくれるんじゃないかと期待して、これからも恥ずかしがらず、アドレスの感覚を磨いていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です