テークバックで気をつけていること

Pocket

こんにちは。やじろべえです。

今回は、テークバックについて話を進めていきたいと思います。

アドレスについてはこちらをご覧ください。

テークバック、いわゆる始動からボールを打つための準備に向けての動きというやつですね。

目標に対してアドレスをした後、そこからクラブを動かし始めるのですが、皆さんはどのような感覚で動き始めているのでしょうか?

人によって、「俺はピタッと止まってから動くよ」「足踏みしながら、その延長で動き出すよ」「ゆっくり挙げる方がいい」「早い方が振りやすい」などなど、ほんと色々です。

じゃ、自分は?ということで、私の感覚を書いていきたいと思います。

テークバックの始動について

テークバックって、自分の中では結構悩んできた動きです。基本的にはスウェー(体がクラブを持ち上げた側に動くこと)をしたくないので、右膝を動かさないよう気をつけているのですが、完全にロックすると体が回らなくて気持ち悪い。

最近は、下に沈み込む動きを重視して動き出そうと頑張っています。そうするとスウェーは、ある程度、防げる動きにつながってきていると思います。

沈み込んだと同時にグリップの位置が勝手にずれ始めたのをきっかけにトップに向かって動き出すようしています。

動き始めたら少しゆっくりかなって思うスピードで上げていきます。

でも、本当にちょっとですよ。ゴルフの動きってちょっとの動きのエラーが出ますし、逆にオーバーにやっても意外と変わっていなかったりします。

そこは、やっぱり動画を撮影しながらセルフチェックです。

正面から撮影をするとよくわかるので皆さんもやってみてください。

テークバックで気をつけていること①

始動は上記の通りですが、もう一つ気をつけているのが頭の位置。

自分は、アドレスに入ったとき少し顔だけ右を向けます。チンバックと言います。

動きながら顔を向ける人もいますが、自分は最初から右を向いて斜めにボールを見る感じを作っておきます。

そうすることで、肩が首の下に入るくらい捻転ができる感じがもてるのです。

 

テークバックで気をつけていること②

あと、頭の上下運動にも気をつけています。

テークバックって腕を肩の高さくらいまで上げていくので、何も考えないでやると体が浮き上がってしまう人が多いんですよね。

そこはグッと我慢。お腹に力を入れつつしっかり絞ることを意識してトップを迎えるようにしています。

頭が上下しないということは、その後の切り返しからインパクトにかけても意識しています。

いわゆる起き上がりを防ぐ動きです。なるべく最初に見ているボールを含めた地面の風景が変わらないようと思いながらアドレスから動き出しています。

 

テークバックで気をつけていること③

①でチンバックのことを書きましたが、その時の視線の場所も気をつけています。

イメージとしてボールにフェイスを合わせて、チンバックを入れて構えた後、ボールの2個分くらい後ろの芝を見て動き出します。

そこからは、その芝をずっと見続けてフォローまでの動きにつなげると、頭が残ったスイングが勝手に出来上がります。

その辺は、ダウンスイングで気をつけていることに書きたいと思います。

   

 

クラブの動きは?

ここで、気にするのがクラブヘッドの動かし方です。

アドレスで、クラブフェースを目標方向に対して垂直に合わせ、その向きのまま真っ直ぐ後ろに引く意識をもっています。

ショートアイアンに関しては、真っ直ぐ飛ばしたかったら、シャットに上げる。これ1択だと思っています。

    

腕のローテンションを入れない。または、逆ハンドルと言われる動きです。

これができないと、ダフる。曲がるがずっと付き纏うんではないでしょうか。

チェックとしては、ここでも動画撮影です。

後方から見たときにクラブヘッドの位置がグリップと重なるようになると良いですね。

この辺の話が通じる人は中級者以上かな。

テークバックのまとめ

最近は、アメリカからデータに基づいた動きたかのレッスンなどがYouTubeなどで簡単に見られるようになりました。

ただ、それを真似てみても思うような球筋や飛距離につながらないこともあると思います。

まず、昔から言われている賢人たちと言葉をトレースしてみた方が近道かもしれないと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です