ゴルフボールにラインを引いていますか?

Pocket

こんにちは。やじろべえです。

皆さんはボールにラインを引く派ですか?引かない派ですか?

プロでもラインを引く人、引かない人さまざまみたいですね。

私は、ラインを引く派です。

T字になるようにボールにラインを引き、ティーショットの時もパッティングの時も必ず打ちたい方向を意識してラインを合わせます。

時々、ラインを引き忘れることがあるのですが、その時はボールにプリントしてある細い文字をラインに見立てて合わせています。

でも、曲がって見えることがあり、気持ち悪さを感じてしまうので、極力、時間を見つけてラインを入れるようにしています。

今回は、私が過去から現在までボールにラインを引くために購入したグッズについて紹介していきます。

たくさん線をひきたい人にはコレ!

最近では、ゴルフボールにラインを引く時はT字になるようにしていますが、線を引き始めた時はたくさんの線を入れて方向を合わせていました。

私が使っていたのはこれです。

いろいろなメーカーから出ていたと思うので、推奨メーカーはありません。

千と千尋に出ていた「カオナシ」のようなラインが入ります。

以前、片山晋呉プロがこのラインをボールに引いていたのを雑誌で知り、ラインを引き始めたのがきっかけです。

ただ、無精な私にとって、毎回、ラインをたくさん引く行為がめんどくさく感じてしまい、いつの間にか別のものを使っていました (^^;

 

無精な私みたいな人にはコレ!

ラウンド前に家でシコシコ線をひくのがめんどくさいと思っているあなた!

いいアイテムがありますよ。こちらです。

こちらは、「チェックゴーPRO」と言うラインを自動でひくことのできるアイテムです。

現在でも、私の手元にありますが、とても簡単に正確なラインをひくことができます。

上の蓋をパカっと外し、ボールをコップの上に乗せるように置き、蓋を被せて固定します。

上部の蓋のところに、専用マジックのペン先を入れる穴があり、そこにペンを挿入し、真ん中のボタンを押すと「ウィーン」と言いながら高速回転が始まります。

そうすると、ボールを1周する綺麗なラインが出来上がり。とても、楽ちんです。

ただ、難点と言いますと、マジックのペン先が結構早めにへたってしまったり、次使うときに、乾いてラインが出なかったりと、ペン側の管理が必要です。

ま、予備にたくさん購入しておけばいいだけの話なのですが。。。

 

今使っているものはコレ!

と、上記に紹介してきたラインひき以外にもいくつか使用してきたのですが、現在はこちらのアイテムに落ち着いています。

アサヒゴルフさんの「EYELINE GOLF IMPACT BALL LINER BL32」です。

こちらは丸いボールにラインを引いているのに、真上から見るとしっかりT字に見えるのです。

特に、パッティングの時に重宝します。

スッと構えて、クラブフェイス合わせるだけで、方向とフェイスの向きが管理できます。

今は、このラインを頼りに方向性を出しています。

このラインひきを使っているプロゴルファーもたくさんいるようで、私もおすすめの一品です。

 

ラインひきアイテムについてのまとめ

パターが上手な人は、グリーン上の動きがスマートです。

アンジュレーションを読み、打ち出したい方向をパッと定め、距離感を感じながらサッとパッテイングを行います。

ラインを引いたから、必ずパットの回数が減るわけでもありませんが、狙ったところに打ち出すための補助的な役割を十分に果たしていると思っています。

なので、グリーン上の時間がかなり短縮されます。

構えるまでに時間がかかったり、構えてから時間がかかったりしていると、同伴者をイライラさせてしまうことがあります。

プレイファストをグリーン上で心掛ける上でも、ボールにラインを引くことをお勧めします。

そうしたら、いつの間にか夢の18パットが達成できるかもしれませんよ (^ ^)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です